ストーリー
「あなた」は気づけば、古ぼけた屋敷にいた。
目の前には、「あなた」を旦那さまと慕う、翡翠の目をした女中がいる。
しかし「あなた」には記憶がなく、自分が何者なのか分からない。
生きているのかさえも。
そんな「あなた」に、女中は屋敷で起きた数々の悲劇を見せるという。
そこに、「あなた」の痕跡があるかもしれない……。

「あなた」は時代と場所を超えた四つの悲劇を目撃する。
これらを物語として終えてしまうのか、あるいはその先を求めるのかは……
「あなた」次第だ。

しかし、どこかの誰かはこう言うだろう。
「他人の悲劇だから耐えてこられたんだよ」
Vita版追加シナリオ『現代編』あらすじ
私たちには過去の記憶がある。少年少女時代といった十年二十年で済むものではなく――
前世、という過去。

かつて呪われた館が存在し、中世という時代に生きた記憶。
それだけでなく、魂という存在で、数々の時代を見守ってきた記憶。

そして――
呪いという因果で結ばれた者たちと、関わりをもった記憶。

パリ郊外のアパートで両親の代わりに大家をすることとなったミシェルは、
そこでかつて関わった人々と巡り会うことになる。

だが、その時はまだ知らなかった。
彼らがどのような経緯を経てきたのかを。
前世の記憶があるということは、必ずしも幸福への道ではないのだということを。

素材・情報等は全て開発中の物であり、予告なく変更される場合がございます。当ページに掲載されている素材の転載を禁止します。
"PSロゴ"、"PSVITA"および"PlayStation"は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標です。

Novectacle dramatic create
©Novectacle/dramatic create